塗装の工法の違いとは?

今回のブログでは、塗装をお考えの方に少しでもお役立てできればなと思い書かせていただきます♪

お客様自身も基本的な知識を持っているだけで、その塗装業者の良し悪しがわかることがあります。

ですので、簡単ではありますが今回は塗装の工法についてお話してみようと思い書いてみました。

 

では、さっそく

 

塗装工事において、工法は大きく分けると3つに分類されます。

・吹付け工法
・ローラー工法
・特殊工法

それぞれに応じて模様などが異なるため、今回のブログではこちらをご紹介していきたいと思います。

 

■ 吹付け工法
塗り替え塗装とは異なり、塗料の飛散などもありますので主に新築の塗装工事に使用される工法です。
塗料を専用のエアガンで吹付け、砂状やスタッコ、ボンタイル模様をつくりだすことが可能です。

 

 


■ ローラー工法
塗り替えといえば使用されることが多い主な工法です。
吹付け工法のような多彩な模様ができないといった面がありますが、飛散が少なくキレイに仕上がると言ったメリットがあります。

 

 


■ 特殊工法
コテやローラー、刷毛などを使用して特殊な外壁を演出する際に用いられる工法です。
主に、輸入住宅などにに使います。


 

塗装の知識がない業者に任せてしまうことはとても危険なことです。
こちらのブログでは正しい塗装業者を選んでいただけるよう、このようなカタチで簡単な知識なども今後発信していこうと思います。
もちろん、わからないことや塗装についてのお悩み事、ご相談などは当社「I’s PAINT」に頼ってもらってかまいません。
どんな小さなことでもお応えいたしますのでお気軽にご連絡いただけると幸いです。

平野区を拠点に活動しております「I’s PAINT」に、ぜひお任せください。

 

 

【電話】090-1677-5513 (事務所:06-7163-2043)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】大阪市平野区を中心に幅広いエリアに対応

お問い合わせ先はこちら
090-1677-5513
お問い合わせメールはこちら


一覧ページに戻る